ハーブを使って口臭予防に役立つマウススプレーの作り方をご紹介

日ごとに暖かくなってきましたが、まだまだ朝晩は暖房が欠かせません。
この時期、気になるのは乾燥です。

風邪をひいているわけではないないのですが、喉が乾燥してイガイガしたり、なんか引っかかっているような感じがしたり、軽い痛みがあったりして中々スッキリしないという方はいらっしゃいませんか?

今回は、抗菌・抗ウイルス作用のあるハーブを選んでチンキを作り、それをマウススプレーとして使用します。

チンキ&マウススプレーの作り方

チンキに使用するエキナセアは、抗菌・抗ウイルス作用があり、免疫割賦、創傷治癒、風邪、インフルエンザ、尿道炎、花粉症の症状に効果的とされるハーブです。

<材料>
・エキナセアのドライ
・ウォッカ(40℃) 
・ガラス製容器

<作り方>
①まずは、チンキを作ります。
ガラス製容器にエキナセア4gを入れ、エキナセアが完全に浸かるようにウオッカを注ぎ、日光の当たらないところで2~3週間保存します。
※1日1回、瓶を振って混ぜ合わせます。
②できあがったものを、コーヒーペーパーで濾しスポイドタイプのガラス容器に入れて保存します。
保存期間は約1年。
※煮沸あるいはアルコールで消毒をしておきます。

③マウススプレーとして使用する際は、ミネラルウォーターかハーブティーで5倍~10倍に希釈して使用します。容器に入れて持ち歩くときは数日で使い切るように少しづつ作りましょう。

マウススプレー以外にも、うがい用として、ハーブティーに加え内服用として、また傷口の消毒に外用としても使用できます。

この時期の感染症の予防にとしても効果的です。
ぜひ、お試しください。

関連記事