保冷剤と精油で簡単手軽な消臭剤を作りましょう

冷蔵庫に保冷剤たまっていませんか?

梅雨から夏へといよいよ本格的な暑さがやってきますが、この時期便利に約立つのが今や身近になった保冷剤です。
お家の冷凍庫に保冷剤があふれていませんか?
お弁当を持ち歩いたり、キャンプやバーベキューの材料を運んだり、水で絞ったおしぼりを冷凍した保冷剤でくるんでおいたり。
最近は冷凍しても固く習い保冷剤もあるので、寝苦しい夜には枕に挟み込んで使用するというように使い道はたくさんありますよね。

我が家の冷凍庫を開けると、保冷剤が出てくる出てくる、何と50個もありました。
(貯めすぎでしょう!)
でも、そんな方も多いのではないでしょうか?

保冷剤と精油を使ってアロマ香る消臭剤を作ってみよう

  
保冷剤の正体は、成分の約98%が水。残りが高吸水性ポリマーで、具体的にはポリアクリル酸ナトリウムというものです。
500倍~1,000倍の水を固めることができます。

【材料】

保冷剤、楊枝orスプーン、容器(ガラスの容器が涼しげで可愛い)
好みの香りの精油 (今回はラベンダー、レモングラス、ペパーミントを使用)

【作り方】

①保冷剤を常温に戻し容器に絞りだします。
②お好みの精油を数滴入れて、楊枝かスプーンでよくかき混ぜます。
③さらにラベンダーとローズのハーブティーを飾りに入れました。

科学的なにおいの消臭剤ではなく、植物由来の精油をお好みの香りで作れるところがいいですね。
私は、下駄箱にはさわやかなラベンダーを、キッチンや冷蔵庫の中にはオレンジやレモン、トイレにはペペパーミント、押し入れの中には精油をブレンドして置いています。
お好みの場所にお好みの香りで作った消臭剤をぜひ、お役立てください。

関連記事