ドライアイ・眼精疲労はラベンダー精油で温湿布がおすすめ!

最近、目が乾いて痛みを感じたり、目がゴロゴロしたり、文字が見えづらかったりすることはありませんか?

長時間パソコンで作業をしていたり、スマホゲームやテレビゲームで目を酷使することで瞬きが減り、目が乾いてしまうドライアイや、焦点を合わせようとして凝視するため目の筋肉が疲れ固まることで起こる眼精疲労が原因です。

目の疲れやドライアイは精油を使った温湿布で解消しましょう。
目の周りの筋肉を温めて血行が良くなると、緊張も緩み目が楽になります。

さらにアロマ香る精油を使用して温湿布することで、リラックス効果もあるので目だけではなく心身の疲れも解消されます。

暖房を使い始めるこの時期は更に空気も乾燥するため、瞬きが減ると涙の量が減るので目の表面が乾き傷ができることもあるそうです。

私はコンタクトレンズを使用しているせいか、最近特に乾燥で目が疲れ痛みを感じたり、目が真っ赤に充血したり、目がゴロゴロして見づらいという症状があります。

1時間に一度は目薬をさし、目をしっかり閉じたりあけたりして涙を促すようにしていますが全然追いつきません。

まさに筋肉の疲れからくる眼精疲労とドライアイの両方が重なり目の不調になっているようです。

たかがドライアイと思っている人も多いようですが、目医者さんによるとドライアイはほっておくと角膜に傷がついたり、視力が大幅に落ち目の病気につながっることもあるとのことです。

さらに肩こりや頭痛につながることもあるので対策が必要です。

リラックス効果のある精油

ラベンダー精油
カモミール・ローマン精油
オレンジスイート

①ひと肌位のお湯をはった洗面器に好みの精油を2滴加えよく混ぜます。
②ハンドタオルを浸し水分を絞ったら、目の上にのせてしばらく目を閉じて温湿布。
③冷えてきたらタオルをはずします。
④両手の中指と薬指で優しく両眉の間のツボをプッシュ。
⑤眉の上から外側に円を描くように優しくツボをプッシュ。
⑥目の疲れが取れてスッキリします。
⑦首と肩を回して、凝り固まった筋肉も和らげましょう。

その後は、リラックス作用のあるミントやカモミール、レモンバーベナ、レモングラス、オレンジなどのハーブティーを飲みながら、おやつには目の粘膜によいといわれるビタミンA・B・Eがたっぷりのナッツがおすすめです!

お部屋の湿度もお肌と同じく、目の渇きにも関係してくるので、 湿度が50%より下がったら保湿することも大切ですね。

疲れ目やドライアで悩んでいる方は、ぜひ精油を使った温湿布をお試しください。

関連記事