ハーバリウムとは

今話題になっているハーバリウム。
もともと植物の標本として作られたものですが、その美しさから最近はインテリアとして女性に大変人気です。

お好みのプリザーブドフラワー、ドライフラワー、ドライフルーツ、乾燥させた木の実などをボトルにいれ、専用の液体を入れて保存するものです。
大好きなお花をいつまでも美しく飾っておけるので、ウェディングブーケなど思い出の花束を乾燥させ、ハーバリウムとして手元に飾っておきたいという方も増えているようです。

窓辺に置いておくと昼間はキラキラ輝いて、まるで水中の中でお花が咲いているように可愛く、夜はLEDライトの台座に乗せておくことで、ライトが七色に輝き、まるで宇宙で花が咲いているように美しいのです。
見ているだけで心が癒されますね。

ハーバリウムに必要な物は

【材料】

・お好みの瓶
・消毒用のエタノール
・お好きなドライフラワー。
初めての方は、アジサイ、カスミソウ、スターフラワー、ラベンダー、千日紅、ピンクペッパーなどがおススメです。
できるだけ新鮮なお花をドライにしたものが、長い期間きれいに保存ができます。

私はプリザーブドフラワーを使用しています。
・ハーバリウム専用液。流動パラフィンやベビーオイルを使用できますが、色の変色などを防ぐためにはハーバリウム用オイルがおススメです。
・ハーバリウム用ピンセットや長めの竹串。細長い瓶で作る時は、25cm~30cm位の長いピンセットがあると便利です。

ハーバリウムの作り方

①瓶をエタノールで消毒します。
②ピンセットでドライフラワーを瓶に入れていきますが、細長いを使用する際はデザインが難しいので、まず机上で素材を並べてデザインをしてみてから、瓶に入れていくようにすると上手にできます。
たくさん詰め込むより、向こうが透けて見える程度の隙間を作った方がきれいに見えます。
③瓶を斜めにして、ハーバリウム用オイルを少しづつ流しいれていきます。空気が入らないよう少しずつ調整しながら注ぎます。
瓶を立てて全体が専用液に浸かるくらいになったらフタをします。こぼれないようにしっかりとフタをしましょう。
④瓶のくびにリボンやタッセルをつけたり、可愛い名前入りのシールを貼ってプレゼントにすると、とても喜ばれます。

季節の花を使用したり、夏はブルー系、秋は赤系、冬はオレンジ系、春は黄色や緑など素材の色を変えることで、季節に合ったあなただけのハーバリウムができあがりますよ。
ぜひ、お試しください。

関連記事