ユーカリ(ユーカリプタス)の基礎知識と効能

~ユーカリ(ユーカリプタス)~

学    名:Eucalyptus
科   名:フトモモ科
別  名:
抽出部位:葉
種  類:高木
抽出方法:水蒸気蒸留法
主な成分:1.8シネオール、α-ピネン
作  用:抗菌、抗ウイルス、抗真菌、抗ダニ、去痰、咳を鎮める、免疫強化
適  応:花粉症、風邪、
主 産 地: オーストラリア、ポルトガル、中国、スペイン

◇1972年にタスマニア島で発見された植物。
ギリシア語で“よく覆った”を意味し、旺盛な繁殖力を持つ。

◇コアラでおなじみのユーカリは、ツンとした鋭い香りが特徴で、
強力な殺菌力と呼吸機能を高める作用があります。

◇主成分の1.8シネオールは免疫細胞の働きを強め免疫機能を刺するので、風邪やインフルエンザ、気管支炎の初期に使用すると回復が早まると言われています。

◇ユーカリの香りは、空気を殺菌・消毒、清浄化する作用があるので、花粉症や風邪、インフルエンザの流行る季節、タバコの臭いがこもった部屋などには、お部屋の空気の浄化に使用がおすすめ。

◇ペパーミント、ティーツリー、ローズマリーなどと相性がよく、ニキビ・脂性肌のスキンケアに、シャンプーや育毛剤に加えることで頭皮を刺激し、フケの予防や育毛効果に期待されます。

◇ユーカリ精油は主に3種類あります。
・ユーカリ・グロブルス……肺や気管支にの免疫系に作用する主成分1.8シネオールが80%~90%のツンとした強い香り。
・ユーカリ・ラジアータ……森林浴効果があり、鼻や喉の弱い人向けの精油。1.8シネオールが60%~70%で、スッとする心地よい香り。
・ユーカリ・シトリオドラ……1.8シネオールは少なくシトロネラールが主成分。
レモンを思わせるようなさわやかで刺激的な香りでレモンユーカリとも呼ばれ、お部屋の空気の芳香浴や蒸気吸入で用いることで、空気がさわやかになり呼吸も楽になります。

汗をたくさんかく季節には、デオドランド効果もありスプレーとして使用。
シトロネラールは昆虫忌避作用があるので、蚊やダニなどの虫よけにも役立つ。

【注意】
・ユーカリ精油は、皮膚刺激を引き起こすことがあるので濃度や使用量に注意します。
・刺激が強いので敏感肌の人、妊娠中の人、乳幼児へのは使用は避けるほうがよい。


関連記事