ラベンダーをたっぷり詰め込んだ「ラベンダーハット」を作りましょう!

この夏も信州からの摘みたてラベンダーが届き、我が家ではラベンダーバンドルズをたくさん作りました。
それでもラベンダーがたっぷりあるのでさまざまなクラフトを作っています。

きっと、ラベンダーをもらったけれど何かに使えないのかなあと、考えている方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?
ラベンダーは、紫色の可愛いお花とさわやかな香りがとても魅力的なハーブで、ハーブの女王、香りの女王と呼ばれています。

今回のハーブクラフトは、ラベンダーをたっぷり詰め込んだ、手軽に作れて見た目にもとても可愛い「ラベンダーハット」を作ります。
赤毛のアンを思わせるようなチャーミングな帽子。
ぜひ、チャレンジしてみませんか?

<ラベンダーハットの材料>

・柄布、シルクオーガンジー、リボン、ラベンダー
・厚紙(土台)、細紙(土台)、手芸綿、リボン、両面テープ、ボンド、針、糸
ラベンダー カップ1

<ラベンダーハットの作り方>

1.厚紙を防止の土台の大きさに丸くカットします。
2.柄布を縫いしろ0.5cmとり周囲を縫い、厚紙を中に入れて塗った糸を絞りギャザーを寄せます。
3.オーガンジーも同じように0.5cmとり周囲を縫い、輪にしてオーガンジーに載せます。
4.ラベンダーを中に入れ綿をのせて縫い、糸を絞って帽子の頭になるように形付けます。
5.4にボンドを塗り台の柄布に付けます。
6.リボンを飾ります。

ラベンダーの香りは、ストレスによるイライラや興奮を鎮めてリラックスさせてくれるので、玄関やリビングの壁に飾っておくといいですね。
ふんわりとラベンダーの香りがあたりに漂ってきます。
また、忌避効果もあるので虫よけにも役立ちますね。

ラベンダーがたくさん手に入ったときは、ラベンダーをたっぷり詰め込んだハーブクラフト「ラベンダーハット」を手作りしてみませんか。



関連記事