5月病の不安や不調、ストレスはハーブティーでリラックス

日本には四季があります。
そのおかげでお花の咲き乱れる春、新緑が目にも鮮やかな初夏、紅葉がキレイな秋、雪景色や凛とした冷たい済んだ空気の中にきらめく星の美しい冬など、日本独特の美しさがあります。
しかしその反面、一年の間で寒暖差が大きくなり季節の変わり目で体調を崩す人も少なくはありません。

特に3月~5月というのはまだまだ冬のように気温が低い日もあれば、初夏のように暑いと感じる日もあり、気温差が5度~10度もあります。
そんな寒暖差で体がついていかないために起きる様々な症状があります。風邪や鼻炎、お肌のトラブル、胃腸傷害、自律神経の乱れ、ヒートショックなどなど。

さらに、4月から社会人として意気揚々と働き始めたものの、職場の環境になじめない、円滑にいかない人間関係、仕事がうまく運ばないなどのトラブルで心身に不調をきたしたり、疲れが出てくるのもちょうどこの時期。5月病とも言われますが、正式には適応障害と言われています。

実は私も、満員電車の人込み、マナーの悪い人、すぐに切れる人など、見ているだけでストレスを感じて具合が悪くなっしまうほどストレスに弱いタイプなのです。きっと生真面目な人ほど感じやすいのでしょう。

これらの対処法としては、ストレスをためないで誰かに話す、休みの日にはゆっくり休む、趣味を楽しむ。また、自分だけではない、みんなに起きていることなのだと多少の楽観的な考え方を取り入れることも大事ですよね。

でも疲れやストレスが強くなると免疫機能が衰え、風邪やインフルエンザ、過敏性腸症候群など様々な病気を誘発してしまう可能性もあります。
何となく体がだるい、食欲がない、すぐに下痢をする、心が重くてやる気が出ない、気分が落ち込んでいるなどの症状を抱えている方はいらっしゃいませんか? そのままほっておくとさらに心身の不調に大きな影響をきたしてしまいます。

そんな方には、心身の不安や緊張を和らげリラックス効果のあるハーブティーを生活の中に取り入れることをおすすめしています。
何といっておススメNo.1はリラックス効果が高く、安眠へと導いてくれるカモミール・ジャーマンのハーブティー。

世界でもっともポピュラーなハブティーで、ストレスによる胃炎や胃潰瘍、冷え性や風邪の引き初めにもいいとされています。飲みなれていない人は、バニラやリンデンなどの甘い香りのあるものをブレンドするか、レモンバームをブレンドすると飲みやすくなります。
レモンバームはレモンのような香りがあり、抗うつ作用や抗不安作用にも働きかけるのでよりリラックス効果が高まります。
朝の一日のスタートと、夜就寝前に飲むとぐっすり眠れ疲れもとれることでしょう。

関連記事