足のむくみ防止にはアロマトリートメントが効果的

足のむくみの主な原因

むくみを医学的に言うと「浮腫」。
私たちの血液中の水分が、血管やリンパ管の外にしみ出し皮下組織の中にたまった状態です。

朝起きると顔や手がむくんでいる感じはありませんか?
顔や手は寝ている間ずっと横たわったままで同じ姿勢をとっているので、むくむのです。
でも時間と共に、むくみは解消しますよね。

でも、私が気になるのは足のむくみです。
ふくらはぎのあたりがずっと、むくんだままで、なかなか治らないと思っている方いらっしゃいませか。

足のふくらはぎのむくみが気になるのは、大体夕方ですね。
むくんだままの状態をほおっておくと、翌日もその翌日もむくんだままになってしまいます。

会社員の人ならずっと座ったまま、営業の方ならずっと立ったままというように、長時間同じ姿勢を続けています。

通常、私たちの体の中では、血液が心臓から送り出され全身を回り毛細血管を得て再び心臓に戻ってくるという循環が行われています。

しかし長時間同じ姿勢をとり続けていると、心臓から離れている足は重力の影響を受けて血管やリンパ管が鬱血し流れが悪くなり、足やふくらはぎがむくむのです。

実際、夕方になると足が太くなったり、靴が窮屈になったりしまう。
さらに飛行機で海外に出かける時などに、よく聞くエコノミー症候群には気をつけないといけません。

これらは、重力が関係しています。

でも、それ以外にも足のむくみの原因があります。
①長時間同じ姿勢をとり続けている
②運動不足
③塩分やアルコールのとりすぎ
④薬の副作用
⑤女性特有のむくみ

女性特有のむくみは、ホルモンの働きが関係します。
月に一度の黄体期(排卵後月経がはじまるまでの時期)にはプロゲステロンという女性ホルモンの量が増加するので、むくみや体重増加の原因になったりします。

足のむくみ防止の方法

女性のほとんどが足のむくみを抱えていると思いますが、何をすればむくみが解消するのかわからないので、ほおっているという人が大半だと思います。

むくみ防止には、アロマトリートメントが効果的です。

お風呂で温まったり、足湯などで温まるなどして血行がよくなってから、アロマトリートメントでリンパの流れを促してあげることで、余分な水分が排出され、鬱血が解消され、むくみの症状が和らぎます。

その他、適度な水分補給も大切。
塩分の摂りすぎも原因のひとつですので気をつけましょう。

足のむくみを解消するアロマトリートメント

<材料>
サイプレス精油…1滴
ジュニパ精油ー…1滴
スイートアーモンドオイル…10ml
ガラス棒

<使用方法>
①容器にスイートアーモンドオイルを入れ、精油を加えガラス棒でよく混ぜ合わせる。

②トリートメントオイルを手のひらにとり両手で温めるようにし、ふくらはぎや足首、足の裏などに塗り、下から上へ向けて優しくなで上げたり、揉み上げたりするとよい。

昼間に仕事をされている時は、時々足首を上下に10回位動かすようにすると、鬱血が解消され足が楽になりますので、おすすめです。

また自宅でふくらはぎを伸ばすむくみ解消ストレッチをご紹介。
ブロック一つ分くらいのステップに片方のつま先を乗せて膝を伸ばし、乗せたつま先に体重をかけます。
もう一方の足のかかとを上げるとさらに効果的です。

足の特にふくらはぎのむくみが解消され、よい眠りにつけます。
朝目覚めの時も、足が軽くなり気分よく1日がスタートできます。

足のむくみ悩んでいる方は、ぜひお試しください。



関連記事