コロナ鬱などで不安・緊張・疲れた心を癒してくれるアロマテラピー

今回は、緊張と不安、疲れた心を癒してくれる自宅でとりいれたいアロマテラピーをご紹介します。

世界中で流行し続け、いまだ終息の見通しも見えない新型コロナ感染症。
学校が休校になり入学式や卒業式が中止、企業も入社式が中止になり次々と時間差出勤やテレワークを取り入れ始めています。

イベントや行事、舞台関係もほとんどが中止になり、全国のお祭り、デパート、テーマパーク、飲食店などが時間短縮や期限付き閉館や閉店になっています。

新型コロナ感染拡大により全国の医療機関が崩壊の懸念さえ出てきているなか、いつどこで自分が感染するかわからない、仕事がどうなるかわからない、将来が不安など。

さらに毎日テレビで発表される感染者と死亡者の人数などを目にするたびに、大きな不安や緊張、焦り、落ち込み、生き苦しさ、不眠などが襲ってくる「コロナ鬱」という症状を訴えて病院の精神科を訪れる人たちも増えてきているそうです。

私も心の不安はあるものの、いろいろな情報におどろされないよう、できるだけリラックスした精神状態でいれるよう暮らしの中に上手にアロマテラピーを取り入れています。

アロマテラピーとは

花の香り。フルーツの香り。森の香り。植物の香りは、私たちの心や身体にさまざまに働きかけます。
アロマテラピーは、植物から抽出した香り成分である精油(エッセンシャルオイル)を使って、心身のトラブルを穏やかに回復し、健康や美容に役立てていく自然療法です。
日本アロマ環境協会より一部抜粋

アロマテラピーは、いい香りがするというだけではなく、植物が持つ香りの精油成分により心身に、心に働きかける作用がとても大きいと言えます。
世界中でアロマテラピーは植物療法として、美容や健康、リラクゼーション、介護、医療、予防医学として各分野に取り入れられています。

なぜ、ストレスが病を引き起こすのでしょう?

私がアロマテラピーのサロンで担当したお客様も、体の不調は精神的な心の病、メンタル面からきている方が大半でした。

ストレスや緊張、不安などの感情が強くなると脳にある視床下部や下垂体に反応し影響を受けることで、自律神経やホルモン機能のバランスが崩れ、様々な不調につながるのです。
その結果、心身症や神経症、うつ病などの精神性疾患を発症してきます。

忙しいときにコーヒーや紅茶でリラックスしたり、森林浴で気分がよくなり心癒されたり、好きな香りをかいで食欲が増進したり、懐かしい香りから過去の記憶を思い出し楽しい気分になったりと、私たちは日常からアロマテラピーに触れているのです。

現代では医学が発達していますが、私たちは古くから植物を薬草として食べたり、塗ったり、香りを嗅いだりと利用してきました。
そして、その薬効が現代医学の薬へと姿を変えていったのです。

精神を鎮め、気持ちを高揚、リラックス作用のある香りの精油

<強いストレス・ショック・緊張・不安に作用する精油(エッセンシャルオイル)>
ネロリ……うつ状態、喪失感、孤独感、ショック、失望に
ラベンダー……緊張、不安、恐怖、うつ状態、自律神経のアンバランスに
ベチバー……うつ状態、不眠、神経過敏、精神的消耗に
オレンジ……精神疲労、落ち込み、心配、うつ状態に
サンダルウッド……緊張、不眠、精神疲労、うつ状態に
マジョラム……恐怖、不安、パニック、鬱状態、不眠、精神疲労に
カモミール……青リンゴような香りはストレスを和らげ、安心感をもたらす
ジャスミン……不眠、ストレス、不安、うつ状態に
イラン・イラン……落ち込み、緊張、神経過敏、うつ状態、恐怖に

<使用方法>
1.好みの香りをアロマディフューザーなどで加え、お部屋に拡散
2.好みの精油と無類エタノール、精製水を混ぜ合わせ、マスクスプレーやお部屋のスプレー、枕カバーやシーツに使用
3.お風呂の入浴剤に使用
保存容器に粗塩と精油(エッセンシャルオイル)を混ぜ合わせ、1週間以上熟成させると香りが落ち着く。

新型コロナ感染が流行し続けている今だからこそ、不安に落ち潰されないよう、気持ちを落ち着かせたり、リラックスしたり、落ち込んでいる気分を高揚させ、精神状態を正常に保てるように工夫することが大切です。

その方法のひとつとして、アロマテラピーを暮らしの中に散り入れ「コロナ鬱」から自分自身を解放してあげましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【只今のお試し価格セール/お一人様1本限定】ネロリ 2MLエッセンシャルオイル/精油/アロマオイル
価格:1595円(税込、送料別) (2020/4/7時点)


関連記事