ユズ(柚子)ネードで風邪を予防しましょう!

今日は朝から曇り空。
我が家にはいただき物の柚子がたくさんあるので、お料理にお風呂にと、ここのところ柚子(ゆず)づくしの日々です。

そこで、今日は “ユズネード” を作りました。
ユズネードとは、レモネードの柚子(ゆず)バージョンです。

<作り方>
しっかり絞った柚子(ゆず)3個分とハチミツ大さじ2杯をティーサーバーに入れ、その中に沸騰した熱湯を入れてよくかき混ぜればできあがり。

レモンよりも酸っぱさは抑えられていてレモネードよりも飲みやすく、とても美味しいです。
憂鬱な気分もこのさわやかな香りのユズネードで吹き飛んでしまいます。

もちろん外の黄色い皮はお料理のスパイスとして、中の白い皮の部分と種などは、まとめて出汁パックに入れ今夜のお風呂に。

柚子は和製ハーブの一種で、日本では昔から暮しに深く溶け込んでいる果実で、日本料理には欠かせないスパイとなっています。

この柚子には実は、すごい効能があるんです。
ミカンやレモンなどの柑橘類(かんきつるい)の皮に含まれているオレンジ油の主成分 ”リモネン”という成分です。

血液循環を促進する効果があり、身体全体がポカポカ温かくなります。
ひび割れ、あかぎれ、しもやけ、リュウマチ、腰痛、冷え性予防などに最適です。

さらに、柚子(ゆず)皮の芳香油は肌しっとりをなめらかにしてくれます。
疲れも回復し、ホッコリ。

寒い日にはユズネードを飲んで、柚子風呂に入り、体の外からも身体の中からも温まり風邪を予防しましょう。

柚子(ゆず)の持つさわやかな優しい香りは気分が落ち着き、疲れた心も体も癒してくれます。

お部屋中に、お風呂の中全体に、柚子の香りがい~っぱいに拡がって幸せな気分になります。

風邪をひきかけてるという方、ぜひ “ユズネード” をお試しください!

関連記事